感染しても拡散させない。内部ネットワークセキュリティの新常識

ネットワークのL2レベルで見守る

現代ではサイバー攻撃の多様化により、従来のインターネットの出入口のみを検閲するソリューションでは不十分となりました。

デバイスがマルウェアに感染した後、社内に攻撃を拡散させる通信があった際に、それを阻止するためのセキュリティがありませんでした。

TiFRONTは感染後の拡大を食い止める、数少ないソリューションの内の一つです。

製品カタログ

製品一覧

TiController

TiFRONTシリーズを一つの画面で統合管理できるクラウド型のWEBサービスです。
全国に設置されたTiFRONTをWEB画面から設定変更やファームウェアの配信など行うことができます。

TiFRONT スイッチ

L2スイッチベースのセキュリティネットワーク機器です。
8ポート、24ポート、48ポートのモデルがあります。いずれのモデルにおいてPoEモデルもあります。

TiFRONT AP

セキュリティ機能を持ったアクセスポイントです。
Wi-Fi5規格に対応しており、小規模オフィスに最適なパフォーマンスを持っています。