取扱製品メーカー 一覧

Fortinet
フォーティネット・ジャパン

最高水準のネットワークおよびコンテンツセキュリティ、およびインテリジェンスを共有し、連携して協調的な組織を形成するセキュアアクセス製品を提供します。当社独自のSecurity Fabricは、セキュリティプロセッサ、直感的なオペレーティングシステム、および適用される脅威インテリジェンスを組み合わせて、証明されたセキュリティ、優れたパフォーマンス、優れた可視性と管理性を提供しながら管理を容易にします。フォーティネットセキュリティファブリックは、広く統合された自動化された統一されたアプローチを提供します。統合された広範な可視性により攻撃対象領域を削減および管理し、統合されたAI主導の侵害防止により高度な脅威を阻止し、自動化された操作とオーケストレーションにより複雑さを軽減します。

企業HP Fortinet Japan Inc.


Checkpoint
チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社(CheckPoint Software Technologies)は100%セキュリティに焦点を絞った企業で、4,300人以上のセキュリティ専門家が開発に携わっています。米国本社カリフォルニア州サンカルロス、インターナショナル本社をイスラエル・テルアビブに置き、日本だけでなく、世界規模で展開しております。 チェック・ポイントの製品は、業界最先端のセキュリティ技術を搭載しています。現在、米国で70件の特許を取得済み、60件以上を出願中であるほか、米国外でも特許取得済み・出願中の案件があります。チェック・ポイントの製品とサービスは、大規模企業からサービス・プロバイダ、小中規模企業、個人ユーザまで、幅広く提供されています。導入組織数は世界で10万以上、使用ユーザ数は数百万に上ります。

世界から「推奨」と評価されるクオリティ


セキュリティの有効性と価値を独立して評価する研究機関であるNSS Labs, Inc.が 2016年の次世代ファイアウォールのテストの結果を発表しました。Check Pointの次世代ファイアウォールを再び「推奨」と評価しました。 これは、次世代ファイアウォールカテゴリの中でCheck Pointが5回連続して「推奨」とされたことになり、2011年以降はセキュリティの有効性と価値に関してNSS Labs全体で「推奨」と評価されています。



Checkpointにしか出来ないことがある


現状のセキュリティ対策が不十分と認識している多くの企業は、さまざまなベンダーのセキュリティ技術を追加導入してセキュリティ強化を図っています。しかし、単機能製品を寄せ集めただけでは、特定領域のセキュリティは向上しても、レポーティングやプロビジョニング、設定、テストなど、各種作業を個別に管理する必要が生じてしまいます。統合型多層防御が可能であるCheck Pointの包括的なソリューションなら、相互運用可能な幅広い脅威対策機能によって最新の脅威からの最大限の保護をすることができる上に、共通のポリシーによる管理および監視を提供することが出来ます。



会社HP CheckPoint Software Technologies

PIOLINK
パイオリンク

インターネットを使ったビジネスが拡がるにつれ、サイバー攻撃も巧妙・多様化しています。メールに添付されたファイルを開いたらPCがロックされて身代金を要求されることや、IP電話の盗聴リスク。見知らぬうちにPCが乗っ取られて攻撃に加担している場合もあります。「マルウェアに感染させない」「偽サイトや偽メールに気を付ける」「怪しい添付ファイルはクリックしない」という企業コンプライアンスだけでは、もはや企業を守り切れず、感染が前提の世界で防御を考えることが大切です。

マルウェアに感染する前提で防ぐ


PIOLINK社独自開発の【TiMATRIX】は、通常の通信を阻害することなく、マルウェア感染時の特徴的な動きを捉え、社内通信の盗聴、ランサムウェアの拡散する悪意ある通信のみを検知・ブロックすることを実現しています。



会社HP PIOLINK

DARK TRACE
ダークトレース

企業ネットワークでの一連の通信を継続的に収集して、人と機器およびネットワークの情報を、数学理論に基づいて「学習」「蓄積」します。「蓄積」されたデータを基に「学習」した対象の各デバイスが「通常と異なる動作」を行った場合、それらをリアルタイムに「脅威」「情報漏えい」の要因として、関係者にアラートを通知します。さらに、これまで「把握できなかった」可能性がある挙動も検知します。
※例えば、外部からのサイバー攻撃で「すでに侵入してしまった悪意のプログラムの動態」をはじめ、「内部不正利用・操作ミス等による動態」も、直ちに知ることができ、重大な事件になる前に対応できます。



会社HP Darktrace

ARISTA
アリスタネット・ワークス

ARISTA Networksはネットワーク機器メーカー、主にデータセンター、仮想化・クラウドコンピューティング向けのイーサネットスイッチ製品を開発・販売しています。本社は米国・カリフォルニア州。Gartner社による調査「Magic Quadrant for Data Cente Networking」において、ARISTAが「リーダー」的立ち場にある会社として位置づけられています。2018年にWIPS特許を取得したMojo Networks社を買収。



会社HP Arista Networks

LANTRONIX
ラントロニクス

ラントロニクスは、31年以上にわたり、信頼性の高いIoT管理ソリューションのプロバイダーとして、革新的な最先端技術で業界をリードし続けています。モノのインターネット(IoT)とリモート環境管理(REM)のためのセキュア・ターンキー・ソリューションを提供するグローバル企業で、Software as a Service (SaaS)、接続サービス、エンジニアリングサービス、インテリジェント・ハードウェアと、さらに追加する形で、この度トランジション・ネットワークス社を買収し、同社が長年培った信頼性の高い通信インフラ(ネットワーク・スイッチとメディアコンバータ)製品群も提供することになりました。ラントロニクスは、顧客が信頼性と安全性の高いIoTインテリジェント・エッジおよびOOBMソリューションを提供できるようにするとともに、市場投入までの時間を短縮しています。ラントロニクスの製品とサービスは、IoTプロジェクトの作成、開発、展開、管理を劇的に簡素化し、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションにわたって品質、信頼性、安全性を提供して行きます。



会社HP Lantronix

BCI
ビー・シー・アイ

BCI社は米国カリフォルニア州に本社を置く株式非公開企業で、デジタルマルチメディア(ビデオ、オーディオ、データ、および制御)を光ファイバで伝送する市場主導型ソリューションの大手開発者としての評判をいち早く確立しました。BCIの顧客の多くは、医療、プロのオーディオ/ビデオ、礼拝所、教育、政府、軍事、放送など、さまざまな分野にわたる業界の世界的リーダーです。その後デジタルコネクティビティソリューションの伝送を目的とした市場主導型製品の開発を専門とする革新的な大手企業としての名声を急速に高めました。(ビデオ、オーディオ、データ、および制御)光ファイバ、HDBaseT、そして今ではIPへと拡大しています。



会社HP BCI

ZPE
ゼット・ピー・イー・システムズ

Digital Material Controller (DMC) で、IoT制御、FA制御など様々な制御・監視装置のプラットフォームとして利用して頂けます。標準でEthernetポート、シリアルポート、USBポートを実装し、セキュリティ機能をサポート。



会社HP ZPE Systems